またまた風邪をひきました

家には1歳の子供がいるのですが、4月下旬にも風邪をひいたばかりなのですが、今日も朝から咳をしていて苦しそうなので病院に行ってきました。
最近気温が高く温かい日が多かったのに昨日あたりからは落ち着いてきたようなので、体が対応しきれていないのかもしれませんね。
それに家の子は暑いのか夜に何度か私が目を覚ますと必ずといっていい程布団がかかっていなかったので寒くて風邪をひいてしまったのかもしれません。
病院は金曜日のせいか私は9時頃に行ったのですが、もうかなり混んでいて今日は何時間待たされるかわからないなという感じで、家の子と同じように風邪をひいてしまったのか咳をしている子がたくさんいました。
皆さん一緒なんですね。
幸い家の子は咳だけで熱はなく全然元気なので待たされても問題はないのですがね。
30、40分待った頃呼ばれました。
思ったより早かったなと思っていたら家の子は毎月1回定期的に病院に通っているのですが、今日は担当の先生がたまたまいて直々に診て下さいました。
結果はやっぱり風邪で前回と同じシロップタイプの風邪薬を処方されました。
早速お昼ご飯を食べてから飲ませた所、眠気が出てきたのか今は爆睡中です。
家の子のようにまだ喋れない子供だとちょっとくらい咳をしていてもそれが風邪なのか違うのかはわからないですよね。
だからいつもちょっとひどくなってから病院に連れて行く事が多いのですが、喋れるともう少し早く気付いてあげれるのになと思います。

おばあちゃんやお母さんは間違う事が多い

母親にメモを渡して買い物を頼んだ時、まったく違う物を買ってきた時はショックですよね。
とんかつソースを買ってきてと頼んだ時に、ウスターソースを買ってきた時にはショックです。
せっかく美味しいとんかつにウスターソースってがっくりですよね。
ハムカツはウスターソースが美味しいけど、そういった時に限ってウスターソースが無いのもショックです。

 

シーチキンを買ってきてと言ったら、普通のチキンを買ってきた時もショックというよりは笑いました。
サツマイモと言った時にはジャガイモを、ジャガイモと言ったら里芋を買ってきます。
もう驚きの世界ですね。

 

昔、おばあちゃんがレタスとキャベツを間違っていました。
昔の人だから、確かにレタスをキャベツと間違ってしまうのは仕方ないと思います。

 

そのおばあちゃんは、フランクフルトとアメリカンドックを間違って言っていました。
時に、アメリカンドックをドックフードと言っていましたね。
あれには子供ながらに大爆笑していました。

 

そのおばあちゃんって、字が書けませんでした。
大正生まれの人だから、学校って行ってないみたいなんです。
ひらがなしか書けず、気の毒でした。
なのに、ゴシップが書かれている芸能スクープ雑誌はよく読んでいましたね。
他の本はまったく読まないのに、メガネをかけて真剣な顔で何時間もその雑誌を見ていました。
女の人って、そういった芸能スクープ大好きですよね。
テレビも、そういった番組ばかり見てたなあ。

更新履歴